日本語対応しているNFTゲーム18選【2022年最新】

nihongonft

「日本語対応」のNFTゲームを探している方へ、おすすめの「日本語対応NFTゲーム」一覧、ジャンル、特徴などを詳しく紹介していきます。

関連記事:NFTゲームおすすめランキング25選【2022年最新】

ゲーム名 ジャンル おすすめ度 対応端末
▼The Sandbox オープンワールド ★★★★ ◎PC
Windows
◎スマホ
iOS、Android
▼PolkaFantasy カードゲーム ★★★★★

◎PC
◎スマホ

▼元素騎士Online MMO RPG ★★★ ◎PC
Windows、macOS
◎スマホ
iOS、Android
▼My Crypto Heroes MMO RPG ★★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼My Crypto Saga カードゲーム ★★★ ◎PC
◎スマホ
▼CryptoKitties 育成
バーチャルペット
★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼コントラクトサーヴァント カードゲーム ★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼MIR4 MMO RPG ★★★★ ◎PC
Windows、macOS
◎スマホ
iOS、Android
▼Crypto Spells カードゲーム ★★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼JobTribes カードゲーム ★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼Cross Link 放置ゲーム ★★★ ◎スマホ
iOS、Android
▼BRAVE FRONTIER HEROES RPG ★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼Ethermon モンスター育成
バトルゲーム
★★★★ ◎PC
Windows、macOS
◎スマホ
iOS、Android
▼SGEM RPG
✕カード
✕シミュレーション
★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼Crypto-Oink 育成
レースゲーム
★★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
◎スマホ
iOS、Android
▼CRYPTONINJA 戦略ゲーム ★★★★ ◎PC
ウェブブラウザ
▼WALLET BATTLER アドベンチャー ★★★ ◎PC
Windows、macOS
◎スマホ
iOS、Android
▼Kryptomon RPG ★★★★★ ◎PC
Windows、macOS
◎スマホ
iOS、Android

The Sandbox(サンドボックス)|メタバース!3Dオープンワールドで自由にクリエイト

The Sandboxのトップページ

>【公式】サンドボックス

↓紹介動画

ジャンル オープンワールド
おすすめ度 ★★★★
初期費用 0.4~0.6ETH
(約15万~22万円)
最高取引額 調査中
1LANDあたりの価格 約35万円
※2021年12月時点
通貨 イーサリアム(ETH)

◎ゲームをプレイすると入手可能
SAND
対応端末 PC:Windows
スマホ: iOS、Android

The Sandboxとは、マインクラフトのような「3Dオープンワールド」のNFTゲーム。アメリカの会社「gamestudio Pixowl」が運営しています。2020年にスクウェア・エニックスの出資を受け、日本にも参入しました。

公式サイトでは、ところどころ英語が残っていますが、基本的には日本語対応です。ソフトバンクグループからも出資を受けており、今後、日本でもさらに遊びやすくなると予想されています。

「The Sandbox(サンドボックス)」が、ソフトバンクの「Vision Fund 2」を中心とした投資家から約105億円(9,300万ドル)を調達

引用:ソフトバンクら、メタバースNFTゲーム企業「The Sandbox」に約105億円出資

 

The Sandboxの特徴3つ

The Sandboxの特徴は次の3つです。

  1. 日本語対応なので、売買取引がスムーズ
  2. 自作の建物に「価値」がつく
  3. 土地をレンタルできる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①日本語対応なので、売買取引がスムーズ

The Sandboxの特徴1

The Sandboxは、日本語対応のブロックチェーンゲームなので、取引がスムーズです。少し日本語が不自然な点や、一部英語のまま表示されているところもありますが、要点は日本語で翻訳されているのでストレスなく遊べます。

特徴②自作の建物に「価値」がつく

The Sandboxの特徴2

The Sandboxの特徴2つ目は、自作の建物に「価値」がつく点です。ゲーム内の「LAND(土地)」では、素材やブロックを使ってオリジナルのオブジェ作品が作成できます。

作成したオブジェ作品は、NFT(非代替性トークン)として売買できるため、思わぬ利益につながるケースもあり夢がふくらみます。マインクラフトのような、箱庭系のゲームが好きな方におすすめです。

特徴③土地をレンタルできる

The Sandboxの特徴3

The Sandboxの特徴3つ目は、土地をレンタルできる点です。所有している「LAND(土地)」は、他人に貸し出すことで継続的な収益化が見込め、いわゆるゲーム内で「不動産収入」でを得られる状態が作れます。投資目的の方は、ぜひ土地の購入をご検討ください。

>【公式】サンドボックス

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)|日本の「二次元文化」に特化したファンタジーカードゲーム

PolkaFantasyのトップページ

>【公式】ポルカファンタジー

↓紹介ツイート

ジャンル トレーディングカードゲーム
おすすめ度 ★★★★★
初期費用 調査中
最高取引額 レアカード1枚
約50万円以上
通貨 イーサリアム(ETH)
PolkaFantasy(XP)
対応端末 PC、スマホ(予定)

PolkaFantasyは、日本のサブカルチャーを基にした、ファンタジーカードゲーム。東京本社の日本企業「Fantasy Tech Inc」が運営しています。

2022年にローンチ予定で、公式サイトはまだ完全には日本語対応に追いついてはいません。しかしながら、日本向けの公式Twitterが用意されるなど、日本語対応に向けて進んでいます。

キャラクターデザインも日本のアニメーションや漫画の雰囲気を引き継いでおり、FF(ファイナルファンタジー)やグランブルーファンタジーを彷彿とさせる世界観が魅力的。

初の「クロスチェーンプラットフォーム」としても注目を集めています。

PolkaFantasyの特徴3つ

PolkaFantasyの特徴は次の3つです。

  1. 日本人に馴染みやすい「キャラデザイン」
  2. 日本語の公式Twitterがある
  3. ファンタジー✕カードの融合

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①日本人に馴染みやすい「キャラデザイン」

PolkaFantasyの特徴1

PolkaFantasyの特徴1つ目は、日本人に馴染みやすい「キャラデザイン」です。日本の漫画、アニメ、ゲームなど、二次元カルチャーのファンらが世界中から集結し、ゲームを監修しているため、上記画像のような親しみやすいキャラクターがたくさん登場します。

2021年12月には、銀座の「NFT WEEKS TOKYO」でイベントも開催されました。

特徴②日本語の公式Twitterがある

PolkaFantasyの特徴2

PolkaFantasyの特徴2つ目は、日本語の公式Twitterがある点。公式ホームページの「F&Q」などは日本語対応されておらず、読みづらいです。

しかし「日本語の公式Twitter」が存在するため、プレイに関する疑問点や最新情報はツイッターから、いち早くチェックできます。日本語表記のお問い合わせ窓口も用意されているので安心して遊べるでしょう。

特徴③ファンタジー✕カードの融合

PolkaFantasyの特徴3

PolkaFantasyの特徴3つ目は、ファンタジーゲームとカードゲームの良点が同時に楽しめる点です。RPGのような壮大な世界観。にもかかわらず、カードでバトルできるブロックチェーンゲーム、という斬新なスタイルは一見の価値アリ。

見ごたえのある戦闘モーションとカードの絵柄を同時に楽しめます。プレイ画面だけでも熱いですね。

>【公式】ポルカファンタジー

GENSOKISHI Online -META WORLD- 元素騎士|エレメンタルナイツの続編!メタバースMMO

元素騎士のトップページ

>【公式】元素騎士Online

 

ジャンル MMO RPG
おすすめ度 ★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
ポリゴン(Polygon)
MVトークン(Metaverse)

◎ゲーム内通貨
Round(ROUND)
対応端末 PC:Windows、macOS
スマホ:iOS、Android

元素騎士 Onlineは、通常ゲームの「エレメンタルナイツ」の続編MMO RPG。東京に本社を構える「ウインライト社」が運営しています。

もともとは台湾でGame of the year金賞を受賞したゲームですが、元素騎士は日本語対応。日本語の精度もかなり高いので、言語ストレスなくプレイ可能。メタバースで3Dアバターを自由自在にカスタマイズでき、仲間を集めてモンスターと戦います。

元素騎士Online の特徴3つ

元素騎士 Online の特徴は次の3つです。

  1. 「オシャレ装備」を作成できる
  2. メタバース内で仲間との「交流」を楽しめる
  3. 土地活用で権利収益を得られる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①「オシャレ装備」を作成できる

元素騎士の特徴1

元素騎士 Onlineの特徴1つ目は「オシャレ装備」を作成できる点。作成した装備はNFTアイテム(非代替性トークン)としてゲームに登録できます。

装備品は、戦闘能力の強化や、専用スキルを付与する意味でも大切です。オシャレで強い装備をカスタマイズするために、将来的にはブランド企業やメーカーなどが参入する可能性も示唆されています。

特徴②メタバース内で仲間との「交流」を楽しめる

元素騎士の特徴2

元素騎士 Onlineの特徴2つ目は、メタバース内で仲間との「交流」を楽しめる点です。メタバース内の町では、ユーザー同士で「NFTアイテム」の取引が活発に行われます。

仲間と一緒に冒険に出かけたり、アイテムをトレードしたりと、MMOゲームならではの遊び方が楽しめます。

特徴③土地活用で権利収益を得られる

元素騎士の特徴3

元素騎士 Onlineの特徴3つ目は、土地活用で権利収益を得られる点です。元素騎士では他のブロックチェーンゲーム同様に、NFTとして土地を所有します。

自分が所有する土地に沸く「モンスターのドロップアイテム」をどれにするかは、自分の采配で決められます。(モンスターのドロップアイテムは、自身が所持しているNFTアイテムを設定します)

こうして自分だけのオリジナルステージを作ったうえでマップに入場料を設定すれば、NFTアイテム狙いの他プレイヤーから、権利収入を得られます。

>【公式】元素騎士Online

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)|懐かしの「ドット絵」ヒーローたちが白熱バトル!

My Crypto Heroesのトップページ

>【公式】マイ クリプト ヒーローズ

↓紹介動画

ジャンル MMO RPG
おすすめ度 ★★★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 織田信長
50ETH(約102万円)
通貨 イーサリアム(ETH)
ポリゴン(Polygon)

◎ゲームをプレイすると入手可能
MCH Coin(エムシーエイチコイン)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

My Crypto Heroesは、福沢諭吉やナポレオン・ボナパルトなど、歴史上の偉人(ヒーロー)を集めて戦うMMO RPG。日本のブロックチェーン開発企業の「double jump.tokyo」が運営しています。

日本企業が運営に携わっている経緯もあり、日本語翻訳も読みやすく、言語のストレスなしでプレイできます。

My Crypto Heroesの特徴3つ

My Crypto Heroesの特徴は次の3つです。

  1. 英雄たちとバトルできる
  2. 英雄にちなんだ「必殺技」がかっこいい
  3. 「士農工商」のエコシステム

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①英雄たちとバトルできる

My Crypto Heroesの特徴1

My Crypto Heroesの特徴1つ目は、歴代の英雄たちとバトルできる点です。アーサー王や、ギルガメッシュ、宮本武蔵、アインシュタイン、更にモーツァルトからサンタクロースまで、歴史上の英雄たちと共に戦えます。

ちなみに現在最高額で取引されている英雄は、織田信長です。

特徴②英雄にちなんだ「必殺技」がかっこいい

My Crypto Heroesの特徴の特徴2

My Crypto Heroesの特徴2つ目は、英雄にちなんだ「必殺技」がかっこいい点です。「人中に呂布あり」「エクスカリバー」「相対性理論」など、歴史上の偉人に関連する「必殺技」が炸裂。
歴史の勉強にもなりますし、バトルも盛り上がります。

特徴③懐かしい「ドット絵」

My Crypto Heroesの特徴3

My Crypto Heroesの特徴3つ目は、懐かしい「ドット絵」です。上記画像のようにキャラクターは全て、ドット絵で描かれており、りんごが落ちる瞬間をニュートンが眺めているなど、印象的な場面を、どこか懐かしい絵柄で表現しています。

>【公式】マイ クリプト ヒーローズ

My Crypto Saga(マイクリプトサーガ)|リアルタイム対戦!ポーカー風カードゲーム

My Crypto Sagaのトップページ

>【公式】マイ クリプト サーガ

↓紹介動画

ジャンル ポーカー、カードゲーム
おすすめ度 ★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
〜$80(約9,100円)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:Windows、macOS
スマホ:iOS、Android

My Crypto Sagaは、火水木の3属性を駆使した、ポーカー風マインドカードゲーム。東京に本社があるブロックチェーンゲーム専用企業「株式会社double jump.tokyo」が運営しています。

ゲーム内の言語もほぼ日本語表記(またはカタカナ表記)になっているため、英語が苦手なユーザーも遊びやすいです。

My Crypto Sagaの特徴3つ

My Crypto Sagaの特徴は次の3つです。

  1. 日本語対応でゲームのルールも読みやすい
  2. TwitterやLINEのアカウントで登録できる
  3. 「リアルタイム対戦」を楽しめる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①日本語対応でゲームのルールも読みやすい

My Crypto Sagaの特徴1

My Crypto Sagaの特徴1つ目は、読みやすい日本語で書かれている点です。「基本ルール」や「KPバトル」の説明も精度の高い日本語で書かれており、安心して遊べます。

特徴②「リアルタイム対戦」を楽しめる

My Crypto Sagaの特徴2

My Crypto Sagaの特徴2つ目は「リアルタイム対戦」を楽しめる点。リアルタイム対戦は、2〜4人のプレイヤーが1つのテーブルに集まってプレイします。大勢で臨場感のあるバトルを楽しめます。

特徴③TwitterやLINEのアカウントで登録できる

My Crypto Sagaの特徴3

My Crypto Sagaの特徴3つ目は、TwitterやLINEのアカウントで登録できる点です。

NFTの取引の際には仮想通貨ウォレットが必要ですが、既存のSNSアカウントを用いて気軽に登録できるので、初めてNFTゲームをプレイするという方にもおすすめです。

>【公式】マイ クリプト サーガ

CryptoKitties(クリプトキティーズ)|癒やされる!可愛いネコを集めて、育成するゲーム

CryptoKittiesのトップページ

>【公式】クリプト キティーズ

↓紹介動画

ジャンル 育成、バーチャルペット
おすすめ度 ★★★
初期費用 0.09ETH(約3万4,000円)
0.18ETH✕2匹(約6万8,000円)
最高取引額 Fancy(ファンシー)
600ETH(約1,900万円)
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

CryptoKittiesは、可愛い猫の育成ゲーム。アメリカの企業「Dapper Labs」が運営しています。

ゲーム画面や日本向けの公式サイトは、日本語と英語が入り混じっているので「完全な日本語対応ゲームがプレイしたい!」という場合には不向きではあります。

ただ、実際はそこまで難しい英語は出てこず、慣れてくると普通に読めるようになるため、日本のプレイヤーも多いです。

CryptoKittiesの特徴3つ

CryptoKittiesの特徴は次の3つです。

  1. ユーザー数、取引量が多い
  2. キャラクターの猫が可愛い
  3. 猫の親や子供もわかるシステム

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①ユーザー数、取引量が多い

CryptoKittiesの特徴1

CryptoKittiesはユーザー数、取引量が多い、バーチャルペットが育成できるブロックチェーンゲームです。現在発行されているNFTの猫は、およそ200万匹。ユーザー数は12万3,000人超。

大人気のゲームだからこそ、マーケットプレイスでも活発な取引が重ねられています。日本語対応はやや不自然ですが、世界中のユーザーから高い評価を受け人気です。

特徴②キャラクターの猫が可愛い

CryptoKittiesの特徴2

CryptoKittiesの特徴2つ目は、キャラクターの猫が可愛い点です。

どちらかと言うと、日本よりは海外風味なデザインですが、原宿のファンシーショップにあるような、ビビットピンクやパープルを基調としているキャラクターに思わず惹かれてしまいます。

特徴③猫の親や子供もわかるシステム

CryptoKittiesの特徴3

CryptoKittiesの特徴3つ目は、猫の親や子供もわかるシステムです。

2匹の猫を交配して新たな猫を育成していくゲームですが、猫ちゃんの「親」や「子供」まで、きちんとブロックチェーン上で管理・識別されているのが斬新なポイントだと言えます。人間のDNAみたいで面白いですね。

>【公式】クリプト キティーズ

コントラクトサーヴァント-CARD GAME-|同じキャラクターでも性能が違う?やり込みカードゲーム

コントラクトサーヴァントのトップページ

>【公式】コントラクトサーヴァント

ジャンル トレーディングカードゲーム
おすすめ度 ★★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 3480ETH(約4,500万円)
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

コントラクトサーヴァントとは、1対1でバトルするトレーディングカードゲーム。京に本社を置く「アクセルマーク株式会社」が運営しています。公式サイトも綺麗な日本語が使われています。

コントラクトサーヴァントの特徴3つ

コントラクトサーヴァントの特徴は次の3つです。

  1. 定期的に「公式大会」が開催されている
  2. 同じキャラクターのカードでも性能が異なる
  3. デッキの構築、戦略が問われる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①定期的に「公式大会」が開催されている

コントラクトサーヴァントの特徴1

コントラクトサーヴァントの特徴1つ目は、定期的に「公式大会」が開催されている点です。

日本語の「公式Twitter」でも、常に大会戦績が公開されており、上位入賞した方には「おめでとうございます!」とお祝いメッセージが届きます。YouTubeでも大会の様子が配信されています。

特徴②同じキャラクターのカードでも性能が異なる

コントラクトサーヴァントの特徴2

コントラクトサーヴァントの特徴2つ目は「同じキャラクターのカード」でも性能が異なる点です。

同じキャラクターのカードでも、行動パターン、攻撃の範囲、HPなどのステータスが1枚ずつ異なっており、ゲーム内に全く同じ性能のキャラクターは存在しません。NFT(非代替性トークン)のブロックチェーン技術で「世界に1つだけのキャラクター」を扱えます。

特徴③デッキの構築、戦略が問われる

コントラクトサーヴァントの特徴3

コントラクトサーヴァントの特徴3つ目は、デッキの構築、戦略が問われる点。コントラクトサーヴァントは、たとえ同じキャラでも、カードごとでステータスが異なります。ゲーム内に全く同じ性能のキャラクターはいないため、攻略方法はパターン化されません。

デッキ構築や戦略が問われるやりこみ要素が満載のゲームとなっております。頭を使うゲームが好きなプレイヤーにおすすめです。

>【公式】コントラクトサーヴァント

MIR4(ミルフォー)|韓国企業の壮大なストーリー!MIRシリーズ「龍と人々の物語」

MIR4のトップページ

>【公式】MIR4(ミルフォー)

↓紹介動画

ジャンル MMO RPG
おすすめ度 ★★★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 約900万円
通貨 イーサリアム(ETH)
DT Token(DRACO)
対応端末 PC:Windows、macOS、STEAM
スマホ:iOS、Android

MIR4とは「龍と人々の物語」をテーマとしたMMO RPG。本社を韓国に構える「WEMADE Co.Ltd.」が運営しています。

公式サイトは直訳したような日本語ですが、グローバルベータテスト時のゲーム画面では、日本語対応化を確認できます。

ファイナルファンタジーのような「美しいグラフィック」が魅力的で、壮大な世界観に圧倒されます。

MIR4の特徴3つ

MIR4の特徴は次の3つです。

  1. 魅力的な「ジョブ(職業)」
  2. 韓国語のボイス付き
  3. とにかく美しいグラフィック

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①魅力的な「ジョブ(職業)」

MIR4の特徴1

MIR4の特徴1つ目は、魅力的なジョブ(職業)です。

NFTゲームでは珍しく、「ジョブ(職業)」機能がきちんと実装されており、「戦士」「法師」「道士」「武士」「石弓士」の5つから選択できます。それぞれのジョブによって、使える必殺技も変わってきます。

特徴②韓国語のボイス付き

MIR4の特徴2

MIR4は、韓国語のボイス付きです。日本語ではないのが残念ですが、ストーリーには「韓国語」のボイスが付いており、キャラクターのセリフや感情を音としてキャッチすることが可能です。

テキストベースのストーリーは日本語にも対応しています。

特徴③とにかく美しいグラフィック

MIR4の特徴3

MIR4の特徴3つ目は、とにかく美しいグラフィックです。限りなく現実の人間に近づけた「美しいキャラクター」を始め、「装備」や「武器」「建物」などの細かい造形もアートのようで目を引きます。通常のゲームに見劣りしない映像美です。

>【公式】MIR4(ミルフォー)

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)|日本の企業が開発!対戦型トレーディングカードゲーム

Crypto Spellsのトップページ

>【公式】クリプト スペルズ

↓紹介動画

ジャンル トレーディングカードゲーム
おすすめ度 ★★★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 600ETH(約2,000万円)
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

Crypto Spellsは、日本最大級のトレーディングカードゲーム。日本企業の「Crypto Games株式会社」が運営しています。

ゲーム内の日本語は、とても自然。純国産・日本初のNFTカードゲームであるため、日本のプレイヤーが遊びやすいゲーム環境が整っています。

Crypto Spellsの特徴3つ

Crypto Spellsの特徴は次の3つです。

  1. ゲーム開始時に「スターターデッキ30枚」がもらえる
  2. YouTubeに「日本語」の解説動画が多く上がっている
  3. オリジナルカードを発行できる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①ゲーム開始時に「スターターデッキ30枚」がもらえる

Crypto Spellsの特徴1

Crypto Spellsの特徴1つ目は、ゲーム開始時に「スターターデッキ30枚」がもらえる点。NFTゲームをプレイする際は、通常「初期費用」がかかる場合が多いですが、Crypto Spellsの場合は「無課金」でもゲームを始めることが可能です。

まずは無料で実際に遊んでみてから、投資するかどうか判断できます。

特徴②YouTubeに「日本語」の解説動画が多く上がっている

Crypto Spellsの特徴2

Crypto Spellsの特徴2つ目は、YouTubeに「日本語」の解説動画が多く上がっている点です。

公式チャンネル」では、「ブロックチェーンゲームとは何か?」という初歩的な疑問から、「NFT化」「イーサリアムが無料で稼げるGOポイントについて」など、5〜20分程度の動画にまとめられています。

公式大会のアーカイブも、全て日本語で投稿されているので安心です。

特徴③オリジナルカードを発行できる


Crypto Spellsの特徴3

Crypto Spellsの特徴3つ目は、オリジナルカードを発行できる点。ゲーム内で獲得した「カード発行権」を使えば、「自分で描いたイラストのカード」をゲーム内に生み出せます。

運営会社が発行したカード以外にも、自分だけのオリジナルカードが作れるのは面白いシステムですね。カード発行権で自作したオリジナルカードはNFT(非代替性トークン)として扱われるため、NFTマーケットプレイスへ出品・売買できます。

>【公式】クリプト スペルズ

JobTribes(ジョブトライブス)|ラノベのような「ストーリー」が面白いカードゲーム

JobTribesのトップページ

>【公式】ジョブ トライブス

↓紹介動画

ジャンル トレーディングカードゲーム
おすすめ度 ★★★★
初期費用 RARE(約36万円)
EPIC(約180万円)
LEGENDARY(約1,080万円)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
DEAPcoin(DEP)
対応端末 PC:Windows、macOS
スマホ:iOS、Android

JobTribesは、ファンタジートレーディングカードゲーム。シンガポールの「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.」が運営しています。

日本語に違和感は少なく、スムーズに読み進められます。

JobTribesの特徴3つ

JobTribesの特徴は次の3つです。

  1. スカラーシップの機能が付いている
  2. 馴染みのある「キャラクターデザイン」
  3. ストーリーが面白い

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①スカラーシップの機能が付いている

JobTribesの特徴1

JobTribesの特徴1つ目は、スカラーシップの機能が付いている点。スカラーシップ機能とは、保有しているNFTカードを別のユーザーに貸し出した際、借りたユーザーと「プレイ報酬」を分け合うことが出来る機能です。

スカラーシップは、大人気NFTゲームの「Axie Infinity」でも採用されていました。

特徴②馴染みのある「キャラクターデザイン」

JobTribesの特徴2

JobTribesの特徴2つ目は、馴染みのあるキャラクターデザイン

日本のサブカルチャー向きのキャラデザで、バタくさくなく感情移入しやすいです。登場人物の性格や背景設定もしっかり用意されており、ライトノベルのようなキャラゲーとしても楽しめます。

資産作りや収益化のためだけでなく、純粋にゲームを味わいたい人にもおすすめです。

特徴③ストーリーが面白い

JobTribesの特徴3

JobTribesの特徴3つ目は、ストーリーが面白い点です。

特に主人公がゲームの世界へ「転生するまで」のストーリーは、日本人でも受け入れやすい構成で、モーション漫画形式で読むことが出来ます。結構作り込まれていて、思わずクスッと笑ってしまいました。

>【公式】ジョブ トライブス

Cross Link(クロスリンク)|世界中にヒーローを派遣!稼げる「放置ゲーム」

Cross Linkのトップページ

>【公式】クロスリンク

↓紹介動画

ジャンル 放置ゲーム
おすすめ度 ★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 調査中
通貨 アイオータ(IOT)
ビットコイン(BTC)
対応端末 スマホ:iOS、Android

Cross Linkは、世界中にヒーローを派遣して、敵を倒す放置ゲーム。日本の企業「PLATINUM EGG」が運営しています。

日本語には若干違和感がありますが、スムーズに読めるレベルです。

Cross Linkの特徴3つ

Cross Linkの特徴は次の3つです。

  1. 初代メティオスロードのCVは声優の今井麻美さんが担当
  2. 派遣中に「ビットコイン」が獲得できる
  3. 放置するだけで稼げる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①初代メティオスロードのCVは声優の今井麻美さんが担当

Cross Linkの特徴1

Cross Linkの特徴1つ目は、初代メティオスロードのCVは声優の今井麻美さんが担当した点です。

日本のアニメーションなどが好きな方は、ご存知の方も多いと思いますが「シュタインズゲート」の牧瀬紅莉栖役や、「次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION」のブラックハート役などを演じられています。

特徴②派遣中に「ビットコイン」が獲得できる

Cross Linkの特徴2

Cross Linkの特徴2つ目は、派遣中に「ビットコイン」が獲得できる点です。

ヒーローを世界中に派遣していくCross Linkですが、派遣中ごく稀に「ビットコイン(BTC)」が獲得できることがあります。ビットコインをよく使う方は、ぜひプレイしてみてください。

特徴③放置するだけで稼げる

Cross Linkの特徴3

Cross Linkの特徴3つ目は、放置するだけで稼げる点です。基本的に「放置ゲーム」なので、やりこみ要素はありません。ひたすら放置するだけで自然に稼げるので、他のNFTゲームと並行でプレイすることも可能です。

>【公式】クロスリンク

BRAVE FRONTIER HEROES(ブレイブ フロンティア ヒーローズ)|ゲームの英雄はリアルを超える!

BRAVE FRONTIER HEROESのトップページ

>【公式】ブレイブ フロンティア ヒーローズ

 

ジャンル RPG
おすすめ度 ★★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
ポリゴン(Polygon)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

BRAVE FRONTIER HEROESは、「My Crypto Heroes」のシステムに「ブレイブ フロンティア」のストーリーを融合させたRPG。日本の会社「株式会社エイリム」が運営しています。

日本語翻訳は、直訳に近く少し読みづらく感じますが、サービス開始が2020年1月からということもあり、ローンチされてからの年月も浅いため、今後の日本語対応にも期待したいところです。

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴3つ

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴は次の3つです。

  1. 5対5のオートバトル
  2. 属性相性によっては、レアユニットにも勝てる可能性がある
  3. レアリティは3段階

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①5対5のオートバトル

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴1

BRAVE FRONTIER HEROESは、5対5のオートバトルです。キャラクターや装備を充実させて戦闘能力を高め、バトルに臨みましょう。パーティー編成や装備品がゲームの勝敗に直結する攻略の鍵となります。

特徴②属性相性によっては、レアユニットにも勝てる可能性がある

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴2

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴2つ目は、属性相性によって、レアユニットにも勝てる可能性がある点です。

基本的にはレアリティが高い方が強くなっていますが、レアリティが低いカードでも「有利属性」の場合は勝てることがあり、レアカード以外のマーケット取引も需要があります。

特徴③レアリティは3段階

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴3

BRAVE FRONTIER HEROESの特徴3つ目は、レアリティは3段階です。

キャラクターはレア度が低い順に「Rare」「Epic」「Legendary」の3段階に分かれており、それぞれ6つの属性が付与されています。パズドラを彷彿とさせるデザインで、プレイしやすくなっています。

>【公式】ブレイブ フロンティア ヒーローズ

Ethermon(イーサモン)|旧イーサエモンが大復活!モンスターを育ててバトル

Ethermonのトップページ

>【公式】イーサモン

ジャンル モンスター育成、バトルゲーム
おすすめ度 ★★★★
初期費用 調査中
最高取引額 調査中
通貨 ポリゴン(Polygon)
Ethermon(EMON)
対応端末 PC:Windows、macOS
スマホ:iOS、Android

Ethermonは、モンスター育成バトルゲーム。

以前はイーサエモンとして運営していましたが、資金難のため一時開発を中断。現在の開発メンバーがプロジェクトを買い取り、新たに立ち上げたのがプロックチェーンゲームの「Ethermon(イーサモン)」という訳です。

会社運営が暗礁に乗り上げた経緯があるためか、日本語は少し違和感があります。まったく言語が読めない、というレベルではないため、今後に期待したいところです。

Ethermonの特徴3つ

Ethermonの特徴は次の3つです。

  1. ポリゴン(Polygon)の使用でガス代を節約できる
  2. パワーアップしたモンスター
  3. 「公式店」が存在する

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①ポリゴン(Polygon)の使用でガス代を節約できる

Ethermonの特徴1

Ethermonの特徴1つ目は、ポリゴン(Polygon)の使用でガス代を節約できる点です。

主要通貨をイーサリアム(ETH)からポリゴン(Polygon)に切り替えたことで、「モンスターの進化」「繁殖」「経験値の申請」など様々なことが旧バージョンよりも安い価格で出来るようになりました。スタミナも自動回復になりました。

特徴②パワーアップしたモンスター

Ethermonの特徴2

Ethermonの特徴2つ目は、パワーアップしたモンスターです。いわゆる「MATICモン」と呼ばれるモンスターは、旧バージョンで発行されたイーサエモンよりも、少し強めに設定されているため、今から始める方でも安心して遊べます。

特徴③「公式店」が存在する

Ethermonの特徴3

Ethermonの特徴3つ目は、「公式店」が存在する点です。NFTマーケットとは別に、運営による「公式マーケット」が存在します。

公式店では、MATICモンのセール情報などをいち早くゲットできるため、ゲーム内アイテムをお得に購入できる可能性があります。

>【公式】イーサモン

SGEM|RPG✕カード✕シミュレーションで、モンスターと戦略的バトル!

SGEMのトップページ

>【公式】SGEM

↓紹介動画

ジャンル RPG✕カード✕シミュレーション
おすすめ度 ★★★★
初期費用 0.02(ETH)(約8,000円)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

SGEMとは、RPG✕カード✕シミュレーションが融合したNFTゲーム。ケーム内の言語は英語ですが、公式ページは日本語です。ゲームには日本人の開発者さんも携わっています。ディズニーキャラクターのような登場人物たちが特徴的です。

SGEMの特徴3つ

SGEMの特徴は次の3つです。

  1. 「BABO」と呼ばれるモンスターを繁殖できる
  2. ステージ攻略の「ソロモード」がある
  3. 日本人の開発者がいる

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①「BABO」と呼ばれるモンスターを繁殖できる


SGEMの特徴

SGEMの特徴1つ目は「BABO」と呼ばれるモンスターを繁殖できる点です。

丸くて可愛い「BABO」は、ニワトリ、猫、犬、カエルなどをベースに様々な装飾が施されており、繁殖すると、歌舞伎役者のような風貌になることも。様々なBABOを掛け合わせて、レアな種類を生み出しましょう。

特徴②ステージ攻略の「ソロモード」がある

SGEMの特徴2

SGEMの特徴2つ目は、ステージ攻略の「ソロモード」がある点。従来のNFTゲームでは、対戦型が圧倒的に多かったのですが、個人でステージ攻略を楽しみながら稼ぎたいという「ソロプレイ」ユーザーにも優しい機能です。

特徴③日本人の開発者がいる

SGEMの特徴3

SGEMの特徴3つ目は、日本人の開発者がいる点です。特にCEOのRin Horieさんは、日本を始めとする、韓国、中国などのアジアのゲーム業界で長年の実績があり、「光と闇の対決」「放置少女」など数々の大ヒットタイトルの開発に携わっています。

>【公式】SGEM

Crypto-Oink(くりぷ豚)|カラフル!自分好みの「豚」の育成できるゲーム!

Crypto-Oinkのトップページ

>【公式】くりぷ豚

↓紹介動画

↓レース動画

ジャンル 育成、レースゲーム
おすすめ度 ★★★★★
初期費用 0.02ETH(約8,000円)
最高取引額 100ETH(約2,500万円)
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:ウェブブラウザ
スマホ:iOS、Android

Crypto-Oinkとは「豚」を育成して、レース競い合うNFTゲーム。福岡県のゲームアプリ制作会社「株式会社GoodLuck3」が運営しています。公式サイトの日本語も自然です。

Crypto-Oinkの特徴3つ

Crypto-Oinkの特徴は次の3つです。

  1. 本物の「豚肉」のオンラインショップがある
  2. 2匹のくりぷトンを「お見合い」させられる
  3. 「レース」に勝つとアセットの価値が向上する

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①本物の「豚肉」を販売するオンラインショップがある

Crypto-Oinkの特徴1

Crypto-Oinkの特徴1つ目は、本物の「豚肉」を販売するオンラインショップがある点。NFTゲームとはあまり関係がありませんが、オンラインショップではリアルの豚肉が通販できます。

オンラインショップで買える豚肉は、肉質がきめ細かく柔らかい、宮崎県都城市のメスを厳選。舌の上でとろける口当たりが特徴的です。購入した方には「くりぷトンズのシール」付いてきます。

■参照サイト(公式)
>くりぷ豚オンラインショップ
※本物の豚肉が通販できます

引用:「くりぷ豚」は、南国・宮崎県都城市にて、肉質がきめ細かく柔らかいメスだけを厳選し、栗とカシューナッツをたっぷりと食べさせ愛情込めて育てました。

特徴②2匹のくりぷトンを「お見合い」させられる

Crypto-Oinkの特徴2

Crypto-Oinkの特徴2つ目は、2匹のくりぷトンを「お見合い」させられる点。お見合いがうまくいけば、レアな豚さんを新しく生み出すことができます。

見た目を重視すれば「好みの豚」を、ステータスを重視すれば「レース」に勝てる強い豚を生み出すことが可能です。他オーナーとのお見合いもセッティングできます。

特徴③「レース」に勝つとアセットの価値が向上する

Crypto-Oinkの特徴3

Crypto-Oinkの特徴3つ目は、「レース」に勝つとアセットの価値が向上する点です。くりぷトンを積極的にレースに参加させて、NFTとしての価値も高めましょう。レース映像も可愛いので、ぜひプレイしてみてください。

>【公式】くりぷ豚

CRYPTONINJA(クリプト忍者)|忍者になって、罠の仕掛けられた城から「財宝」を奪え!

CRYPTONINJAのトップページ

>【公式】クリプト忍者

ジャンル 戦略シミュレーション
おすすめ度 ★★★★
初期費用 18(ETH)(約700万円)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
EverGold(EG)
対応端末 PC:ウェブブラウザ

CRYPTONINJAは、罠の仕掛けられた城に侵入し「EverGold(EG)」と呼ばれる財宝を狙うゲーム。日本の企業「EverSystem.Inc」が運営しています。

忍者というだけあって、日本語も丁寧に翻訳されています。

CRYPTONINJAの特徴3つ

CRYPTONINJAの特徴は次の3つです。

  1. 「攻撃(Attack)」と「防御(Guard)」の2モードで遊べる
  2. 「ゲームの遊び方」が公式サイトに掲載されている
  3. 毎回変化する「忍者コスチューム」

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①「攻撃(Attack)」と「防御(Guard)」の2モードで遊べる

CRYPTONINJAの特徴1

CRYPTONINJAの特徴1つ目は、「攻撃(Attack)」と「防御(Guard)」の2モードで遊べる点です。

「攻撃(Attack)」では、忍者として城に侵入し、財宝の獲得を目指します。「防御(Guard)」では、城に侵入してきた別のプレイヤーに罠を仕掛けて撃退します。「忍者」を購入するとAttackで遊べ、「城」を購入するとGuardで遊べます。

特徴②「ゲームの遊び方」が公式サイトに掲載されている

CRYPTONINJAの特徴2

CRYPTONINJAの特徴2つ目は、「ゲームの遊び方」が公式サイトに掲載されている点です。

プレイ画像のスクリーンショットと共に「日本語」でわかりやすく解説されているので、操作に迷ったときは、すぐに調べられます。iWalletの使い方も、紹介ブログのように説明されています。

特徴③毎回変化する「忍者コスチューム」

CRYPTONINJAの特徴3

CRYPTONINJAの特徴3つ目は、毎回変化する「忍者コスチューム」です。

城に侵入するために必要な「忍者」ですが、購入する度に「忍者コスチューム」が変化するため、お気に入りの忍者を見つけることが可能です。集めたり、売買取引したりすれば、よりゲームを盛り上げられます。

>【公式】クリプト忍者

WALLET BATTLER(ウォレットバトラー)|仮想通貨ウォレットがなくても遊べるゲーム

WALLET BATTLERのトップページ

>【公式】ウォレットバトラー

↓紹介動画

ジャンル アドベンチャー
おすすめ度 ★★★
初期費用 基本プレイ無料
(アプリ内課金あり)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
対応端末 PC:Windows、macOS
スマホ:iOS、Android

WALLET BATTLERは、仮想通貨ウォレットがなくても遊べるバトルゲーム。東京の会社「株式会社Arc」が運営しています。

リリース前のNFTゲームで配信日はまだ未定ですが、プロモーション映像では日本語対応されています。

WALLET BATTLERの特徴3つ

WALLET BATTLERの特徴は次の3つです。

  1. 仮想通貨ウォレットがなくても遊べる
  2. ETHアドレスを使って「モンスター」を召喚できる
  3. 「アニメーション」付きのモンスター

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①仮想通貨ウォレットがなくても遊べる

WALLET BATTLERの特徴1

WALLET BATTLERの特徴1つ目は、仮想通貨ウォレットがなくても遊べる点。一般的なNFTゲームは仮想通貨ウォレットが必須です。

しかしWALLET BATTLERでは仮想通貨ウォレットが不要。珍しいNFTゲームですね。自宅や外出先など様々な場所でプレイできます。

「ブロックチェンゲームって何?」と首をかしげるユーザーもはじめやすく注目が集まっています

特徴②ETHアドレスを使って「モンスター」を召喚できる

WALLET BATTLERの特徴2

WALLET BATTLERの特徴2つ目は、ETHアドレスを使って「モンスター」を召喚できる点。毎日無料でモンスターを召喚できますので、ログインだけでも日課にしたいところ。

モンスターは個体差や成長速度の違いがあったり、アドレス召喚限定のレアモンスターも存在したりします。

特徴③「アニメーション」付きのモンスター

WALLET BATTLERの特徴3つ目は、「アニメーション」付きのモンスターです。

立体的なアニメーションで動くモンスターは、プレイヤーに選んで貰いたいという気持ちが表現されているようですね。

 

>【公式】ウォレットバトラー

Kryptomon(クリプトモン)|「モンスター」を育ててバトル!ポケモン系NFTゲーム

Kryptomonのトップページ

>【公式】クリプトモン

↓紹介動画

 

ジャンル RPG
おすすめ度 ★★★★★
初期費用 $400(約5万円)
最高取引額 調査中
通貨 イーサリアム(ETH)
Kryptomon(KMON)
対応端末 PC:Windows、macOS
スマホ:iOS、Android

Kryptomonは、モンスターを育ててバトルさせるRPG。ロンドンに本社を置く「Kryptomon Company」が運営しています。公式サイトやゲーム内表示は「英語」ですが、日本語の公式「Twitter」と「Instagram」が用意されています。

Kryptomonの特徴3つ

Kryptomonの特徴は次の3つです。

  1. 日本語の公式「Twitter」と「Instagram」がある
  2. 「ポケモン」や「CryptoKitties」を彷彿とさせる、ゲームシステム
  3. 岡本伸一氏が参画する

それぞれ詳しく紹介します。

特徴①日本語の公式「Twitter」と「Instagram」がある

Kryptomonの特徴1

Kryptomonの特徴1つ目は、日本語の公式「Twitter」と「Instagram」がある点です。ゲームの公式サイトや、ゲームのプレイ画面は英語表記ですが、日本語の公式SNSが充実しているため、遊び方の解説や最新情報は随時チェック可能です。

特徴②「ポケモン」や「CryptoKitties」を彷彿とさせる、ゲームシステム

Kryptomonの特徴2

Kryptomonの特徴2つ目は、「ポケモン」や「CryptoKitties」を彷彿とさせる、ゲームシステムです

モンスターを集めてバトルする点は、ポケモンやCryptoKitties(NFTゲーム)などのゲームシステムを引き継いでいます。投資目的だけではなく「ゲームとしても面白い」と好評です。

2021年の11月に開催された「タマゴ発売イベント」では、僅か1秒で完売しました。

特徴③岡本伸一氏が参画する

Kryptomonの特徴3

Kryptomonの特徴3つ目は、岡本伸一氏が参画する点です。

Sony, PlayStationの元CTOである岡本伸一氏が、公式アドバイザーとして参画することが発表され、プロジェクトへの熱意、支援方法についてユーザーに向けて発信しました。

参画理由として、チームのユニークさと、チーム全員がゲームをとても愛していること、そして、チームメンバーそれぞれのスキルがクリプトモンの成功に直結していることを挙げており、クリプトモンは、暗号通貨とゲームをバランス良く組み合わせたゲーム会社の先駆けになるだろう述べています。

引用:クリプトモンにSony, PlayStationの元CTO岡本 伸一氏が参画!

>【公式】クリプトモン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。